東京・町田 パーソナルカラー診断、骨格診断、パーソナルデザイン分析の「いろ結い(いろゆい)」公式サイト。1日1組限定で16分類で似合う色を診断します。

はじめてご来店の方のサポートページ

  • HOME »
  • »
  • はじめてご来店の方のサポートページ

いろ結いご来店前のQ&A

 

イメージコンサルティングの基礎知識、用語解説

「来店前に基礎知識を読んでみたい!」という方の熱意にお応えしてサポートページをご用意いたしました!お越し頂く電車の中などで気楽にご一読頂ければと思います。(暗記する必要はございませんのでご安心ください。)

 

■パーソナルカラーについて(16タイプ)■

 

Q. 診断の手順とは

A. スタンドミラーの前の椅子に掛けて頂き、何枚ものドレープ(色布)を当てて顔映りの変化を見ます。自然光のもと、素肌で行います。

 

 

Q. ドレープとは

A. パーソナルカラー診断で使う、色がついた布。何百枚とあります。

 

 

Q. 色相、明度、彩度とは

A. 色の3つの要素です。

1、色相 
赤、青、黄など色み。

2、明度 
明るさ。
白が最も明度が高く、黒が最も明度が低い色です。

3、彩度 ■
鮮やかさ。
彩度が高い→絵の具の原色のような色(純色といいます)
彩度が低い→白黒グレーに近い色(つまり鮮やかではない色)

 

 

Q. イエローベース、ブルーベース

A.
・イエローベース 
黄みを含む、温かそうな色。春と秋タイプ。

・ブルーベース 
青みを含む、冷たそうな色。夏と冬タイプ。

 

 

Q. 4分類と16分類の違い

A.
・4分類
四季の名前で色分けしたもの。色を4つの色グループにわけ、それぞれ春夏秋冬と名付けます。

・16分類
四分類を細分化したもの。そのグループの中でも特にどういう色が似合うのかが分かります。

 

 

Q. 4分類の種類

A.
春… イエローベース。明るくクリアな色。(高明度、高彩度)
夏… ブルーベース。薄く淡い色。(高明度、低彩度)
秋… イエローベース。濁った色、暗い色。(低明度、低彩度)
冬… ブルーベース。鮮やか、暗い、極端な色。(低明度、高彩度)

 

 

Q. 「ファースト」と「セカンド」

A.いろ結いでは一番目に似合うカラータイプを「ファースト」、二番目を「セカンド」としています。

 

 

Q. 似合う色・似合わない色で、顔はどう見えるの?

A.ドレープを当てた時の変化の出方は人それぞれです。
・お顔の肌の色に大きく変化が出やすい方(青ざめやすい、火照ったように見えやすい等)
・肌トラブルに大きく変化が出やすい方(色素沈着の強調と緩和など)
・目元に大きく変化が出やすい方(目が澄んで見える、輝いて見える、目力が出るなど)
など影響を受けやすい箇所は個人差があります。「どんな色の時に、どう見えるのか」を楽しみにしてお越し下さいませ。

 

 

Q. お似合い度とは?

A. 「100点満点で、その色があなたにとって何点かの目安」をお伝えしたい時に私が使っている言葉です。
・お似合い度100=ずば抜けて似合う色。(色相、明度、彩度、清濁、全要素が似合っている色)
・お似合い度0=特に似合わない色。(全要素が似合わない色)
例えば「明るさだけもう少しほしい!他要素は合ってるだけに惜しい!」ですと90、というようにニュアンスを感じ取って頂くために、目安として数値化しています。

 

 

Q. 色選びの優先順位とは

A. 同じカラータイプであっても、実際の服の色選びの際に、何を最優先して選ぶと良いか個別にお伝えします。「なにはともあれ高彩度であることを優先して色選びすると良い方」「彩度はそこまでこだわらなくても明度にはしっかりとこだわって選ぶと良い方」など、色要素への受容度が人それぞれ異なるためです。

 

 

■骨格診断について(3タイプ)■

 

 

Q. ストレート、ウェーブ、ナチュラルって?

A.

・ストレート

立体的で上重心のメリハリ体型。
直線、シンプル、ベーシックがキーワード。
適度な厚みの生地が合う。
標準的な10分丈や10分袖や定番シルエットでボディが凛と洗練されるタイプ。

・ウエーブ

身体の厚みを感じない、なだらかで華奢な体型。
曲線、ソフト、ボディコンシャスがキーワード。
薄手の生地が合う。
ソフトなもの、ふんわりとしたもので、華やかさを添えるとボディに女性らしさが引き出されるタイプ。

・ナチュラル

しっかりとした骨格の体型。
無造作、ラフ、カジュアルがキーワード。
厚めの生地が似合う。
天然素材、オーバーサイズ、ざっくり感でボディにこなれたオシャレ感が出るタイプ。

 

Q. 骨格触診の手順

A. 数分の触診が中心。肩、肩甲骨、腰など数か所、触れさせて頂きます。

 

■パーソナルデザインについて(6種8タイプ)■

 

 

Q. 骨格診断との違い

A.
骨格診断… 体を見て分析。外観+触診。
パーソナルデザイン… お顔立ちをメインにトータルで分析。外観のみ(触診なし)。

 

 

Q. 性格は?

A. 性格は診断材料に含めません。外見的要素にて分析します。そのため「該当タイプのイメージ(例、第一印象で女性らしく見えやすい)」と「ご本人の性格的なキャラ(例、実は性格が男っぽい)」が異なる事も当然ながらございます。

 

 

Q. メインのタイプ、サブのタイプ

A.
・メイン… 最も似合う「ベスト」タイプ
・サブ… 補助の「ベター」タイプ(少し混ぜるといいタイプ、または、寄せるといいタイプ)

メインとサブの比率は、人それぞれです。メインとサブが同等の方もいれば、ベストの1つだけで充分な方もいらっしゃいます。例えば「ファッショナブル・ロマンス」とは、ファッショナブルがメインですが、ロマンスの要素も少し取り入れると良いタイプ、など。

 

 

◆その他

 

 

Q. 何を着ていこう?

A. 長時間のコンサルティングとなりますので、どうぞリラックスできる普段着でお越し下さいませ。

・避けていただきたいもの
ハイネック(カラードレープを当てにくいため)、カラーコンタクト(縁取りされたもの(黒コン)を含む)

・メガネについて
メガネと透明コンタクトレンズの両方をお持ちであれば、コンタクトレンズ推奨です

 

 

Q. 当日の持ち物は?

A.よくお持ち込み頂くものをあげました。

1.チェックしてほしいもの(現物、または、写真に撮ってくる)
※色は現物チェックが望ましいです

2.スキンケア(メイクしてご来店の方)。サロン内にもご用意がございますのでアレルギーなどが無い方はご利用いただく事も可能です

3.普段お使いのお化粧品(メイクレッスン希望の方のみ。こちらにもご用意がございますが、お持ち頂くことで、ご提案の幅が広がります)

4.質問したい事を書いた紙(できれば事前にメールして頂くと、当日よりスムーズです!)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
















いろ結い®【商標登録番号】第5958874号
PAGETOP