いろ結いのパーソナルデザイン診断とは

 

 

のんびりする時間が取れた中で、いくつか見た2017年春ドラマの中から、芸能人のパーソナルデザイン・タイプをいくつかご紹介します。受診者様、ご自分のタイプと比較しながら是非ご覧くださいね!

 

 


 

◆母になる◆

 

 

 

 

沢尻エリカさん:パーソナルデザイン「キュート(ガーリッシュ優位)」

フランス系ハーフなんですね。一見、どのパーソナルデザインか分かりにくいタイプかもしれませんね。「キュート」がピンと来ない方はもしかすると、キュートタイプ=「美人系(大人っぽく綺麗な感じの)」よりも「可愛い系」というイメージが先行していらっしゃるのでは?しかし、「美人型キュート」のキュートさんも当然います(上戸彩さん、竹内結子さん等)。美人さんですが、よく見ると美人なだけではなく、クリっとキラキラしたつぶらな瞳が、同じキュートタイプの松田聖子さんと共通するような、そんな可憐さ・愛らしさがありますよ!静止画検索しても分かりにくいタイプですので、TVやCMで動いている姿を見てみて下さいね。(ただし沢尻さん独特の発声の仕方は、キュートタイプにマッチする「パーソナルアクション(見た目に合う動作・仕草)」とはチョット異なるかもしれませんね。)

 

 


 

 

 

藤木直人さん:パーソナルデザイン「ロマンス」

解説不要の直球型「ロマンス」タイプですよね。「直線シャープでいかついような男性」や「タンクトップに短髪で男臭くする」よりも、「髪やネックラインに曲線でおだやかなカーブ」を付けてロマンティックな男性像にしたほうが持ち前の個性に合うタイプ。このドラマ内では役の関係で作業着やラフなカジュアルシャツ等をお召しですが、そのミスマッチ効果で「ロマンス」タイプの藤木さんの優雅な華やかさが薄れ、役柄上での「生活感」を醸し出すことができていらっしゃいます。俳優さん・女優さんの場合は「完璧に似合う装い」をしてしまうとストーリーのイメージが崩れてしまう事もあるでしょうから、「似合う服とは逆の装い」をする事でドラマに真実味や奇妙さを演出するというテクニックもあります、パーソナルデザインを逆手に取る、ということです。「パーソナルデザイン」と「衣装」を意識してドラマを見てみると面白いですよ!

 

 


 

 

小池栄子さん:パーソナルデザイン「ファッショナブル」

骨格診断ストレートのファッショナブルさん。地味な装いでは「普通の人」になってしまうタイプ。このドラマの役では、「ファッショナブル」とは真逆の地味な衣装を着ていらして、「悲壮感」や「裕福ではない生活感」を上手に演出されていると感じます。では、お次は骨格診断ナチュラルのファッショナブルさんをご紹介します。

 

 


 

 

板谷由夏さん…パーソナルデザイン「ファッショナブル」

このドラマの中で、衣装とパーソナルデザインが合っているのは板谷さんでしょう。メイクアップアーティスト役なので、太いターバンや派手な柄物など、毎回インパクトのあるファッションで登場され、お似合いです。キリッとシャープで大胆に見せるのがよく似合うタイプ。また、骨格診断ナチュラルの特徴も強く出た方です。同タイプの方、参考になさってみては?

 

 


 

 

 

橋メアリージュンさん…パーソナルデザイン「キュート(アバンギャルド優位)」

一見、派手なものが似合いそうなお顔立ちをされていらっしゃいますので、「ファッショナブル」タイプだと思われましたか?「キュート・アバンギャルド」タイプも派手めは得意ですよ!加賀まりこさん、倖田來未さん、水原希子さんと同様に後からじわじわと来るピリ辛ファッションが似合うタイプでいらっしゃいます。そして、いたずらっ子っぽい、くしゅっとした笑顔が愛らしい方ですよね。「ファッショナブル」の江角マキコさん、米倉涼子さんと見比べるとその違いがわかると思います。

 

 


 

◆あなたのことはそれほど◆

 

 

波瑠さん…パーソナルデザイン「グレース」

波瑠さんは大人っぽく、しっかり者の外見をしていらっしゃいますね。現在25歳とのことですが、キャピっとした20代というよりは、大人びた20代のファッションがしっくり来るタイプ。電車の中吊り広告でもよく見かける「マイナビ看護婦」でイメージキャラクターを務めていらっしゃいますが、オーソドックスでシンプルなスーツを着ても決して地味にならない、クリーンで誠実できちんと折り目正しい服がご本人の良さを引き立てています。実年齢からくるイメージに引っ張られて「キュート」の装いや動作をしてしまうと、無理をして元気ぶっている(=不自然)ような印象に転んでしまうデザイン・タイプです。

 

 


 

 

 

大政殉さん…パーソナルデザイン「ファッショナブル・ロマンス」
大胆な個性も、曲線的な女性らしい個性も両方大事なタイプ。外へ大きく大きく広がるようなゴージャスな華やかさがよく似合うタイプでいらっしゃいますね。同じタイプで言うと、神田うのさん、観月ありささんに近いシャープで華やかなタイプ。大勢のタレントさんがテレビに映っていても、存在感が強く目立つ方です。お顔立ちにシャープさもお持ちの方ですので、とろ~んと全体を甘ったるくしすぎると、それはそれで勿体ないタイプです。

 

 


 

◆人は見た目が100パーセント◆

 

 

桐谷美玲さん:パーソナルデザイン「キュート(ボーイッシュ要素少なめ)」

小柄でコンパクトな印象がありますし、大人びた真面目な装いよりも、可愛らしいモチーフが桐谷さんの印象と合ってよくお似合いですよね。曲線的な要素も良く似合いますし、猫目っぽい瞳に凛と小悪魔チックな可愛らしさを感じるタイプです。

 

 


 

◆小さな巨人◆

 

 

吉田羊さん:パーソナルデザイン「グレース」

ゲスト出演だったようですが、ご紹介します。端正でやや求心的なお顔立ちの吉田羊さん。同「グレース」タイプの松雪泰子さん・中山美穂さんと並んで、上品に、格調高くキリッとすると素敵なタイプ。他ドラマ内でしていた「気が強そうな怖い役」の影響でファッショナブルっぽく見えますか?でも、それはちょっと違います。もし各パーソナルデザインの「怖い」を例にとるなら、ファッショナブルタイプはその存在感と迫力から、ブチ切れて、机をガン!と足で蹴って鋭い眼光の元、大声で怒鳴りそうな怖さ。持ち前の「迫力」に拍車がかかって怖さが増す、そんな「怖さ」。一方、それに対し、グレースタイプの「怖さ」ならば、静かに冷静淡々と相手の非を理論的に説明して責めるような正当性の強い主張を持って対峙する「怖さ」。それは持ち前の「きちんとしていそう」「知性が高そう」という外見的印象から、あたかも発言に真実味があり説得力があるように周囲からは見られ易いタイプだから。「動」と「静」の違いです。「怖い」を例にとりましたが、こういう「印象」もパーソナルデザインから来る要素の一部。外見だけで判断する第三者の勝手な「期待」の一例です。

 

 


 

◆貴族探偵◆

 

相葉雅紀さん:パーソナルデザイン「ナチュラル」
貴族の役ですから、ワインを片手に転がすような、ヨーロピアンスタイルの王子様風スーツをお召しです。一方、同時期に流れていた「洗剤・ソフラン」のCMでは、相葉さんはシャツにエプロン。役や設定に合わせて正反対の衣装を着用されていらっしゃいます。どちらが「相葉さんの素材」を引き立てるお似合いの衣装か見極めて、両方見てみて下さいね。ファンの方ならパーソナルデザインにあった衣装だけよりも様々な衣装の相葉さんが見たいでしょうから、それはそれで楽しいのかもしれませんね。エンターテイメントですから。

 

8タイプパーソナルデザイン

 

以上、春ドラマから芸能人のパーソナルデザインでした!

受診者様向けに、お洋服のお写真などを例に使ってもう掘り下げて解説ページをお作りしておりますので、そちらもご期待下さい。

 

 


16分類パーソナルカラー / パーソナルデザイン / 骨格診断 / メイクレッスン / プロフィール

・・・初めての方へ・・・
こちらは似合う色、メイク、ファッションデザインの分析を行っているプライベートサロン「いろ結い(いろゆい)」のブログです。当サロンにて「16分類パーソナルカラー診断・パーソナルデザイン診断・骨格診断・メイクレッスン」を受けられたお客様に楽しんで頂きたいと願いをこめご提供しております。・・・東京 町田 パーソナルカラー&スタイル「いろ結い」代表 田原・・・

パーソナルカラー&スタイル いろ結いHP

投稿者プロフィール

田原京子
田原京子パーソナルカラー&スタイル いろ結い 代表
一級カラーコーディネーターによるファッション分析ブログ。パーソナルカラー・パーソナルデザイン・骨格診断にて「一度の診断で、一生使える似合わせ技術」を提案。東京 神奈川 いろ結い(いろゆい)